カニランキング画像

ズワイガニ・タラバガニのおすすめレシピ・さばき方・盛り方を紹介!

ここでは、ズワイガニやタラバガニをより美味しくいただくための、おすすめの食べ方を紹介していきます!

ズワイガニの美味しい食べ方3選!

まずは、お手頃でカニ味噌も美味しいズワイガニの食べ方を、3つを紹介します。

 

ド定番!カニしゃぶ!

蟹しゃぶ

 

しゃぶしゃぶは牛肉が有名ですが、豚肉やタコやブリのしゃぶしゃぶも見かけるようになりました。
しゃぶしゃぶはカニの調理法としても用いられており、中でもズワイガニのしゃぶしゃぶは、甘味が最も味わえる食べ方として知られています。

 

鍋に昆布をいれて水を張り、沸騰したらズワイガニを文字通りしゃぶしゃぶとくぐらせてから食べます。
お好みでポン酢につけてみるのもいいでしょう。
市販の出し汁を使っても問題ありません!

 

しゃぶしゃぶ用のズワイガニを購入すると楽!

 

雑炊

 

ズワイガニはしゃぶしゃぶ用のものを購入すると簡単です。
しゃぶしゃぶでズワイガニを堪能したら、鍋に野菜などをいれて食べた後に、〆は雑炊です。
雑炊にすることで、ズワイガニの身肉だけでなく、スープも残さず楽しむことができます!

 

味噌も味わいたい!カニ鍋!

カニ鍋

 

カニ鍋もズワイガニを美味しく食べる調理法です。
しゃぶしゃぶと同様、鍋に昆布を入れて水を張ります。
日本酒を入れるのもいいでしょう。安い料理用のお酒でも十分な感じもありますが、こだわりたい人は純米酒などをいれてみるのもオススメですよ!

 

野菜などを先に入れて、ある程度火が通ったら、最後にメインのズワイガニを投入します。
ズワイガニはくれぐれも火を通し過ぎないように注意して、少しレアな状態で食べるのが最も美味しいタイミングです。
ポン酢などに付けつつ、すべて食べ終わったら、しゃぶしゃぶと同様、〆は雑炊です!

 

カニ味噌も…!

もしズワイガニ姿が手に入るようなら、カニ味噌も味わうことができます。
温めた日本酒を注いで、甲羅酒も楽しむこともできます!

 

シンプルに焼きガニ

焼きガニ

 

ズワイガニの脚を焼いた焼きガニ茹でガニも、ズワイガニそのものの風味や旨味を味わうことができるのでオススメです!

ズワイガニのさばき方・盛り方How to

ズワイガニ

 

まるごと一杯ズワイガニを購入したは良いけれど、
捌き方が分からず、蟹とにらめっこ…なんて方はいませんか?
せっかく買ったズワイガニは鮮度が命ですから、
早めに手際良く捌き、調理してしまいましょう。
あらかじめ茹でてあることを想定して進めていきますのでご注意ください。

 

ズワイガニのさばき方〜甲羅盛り編〜

  • 「ふんどし」と呼ばれる部分を取り除きます。
  • 脚を両側とも外します。
  • ポイント★脚をそろえて握り、腹側に折ると簡単に外れます。)

  • 「がに」と呼ばれる、エラに当たる部分を取り除きます。
  • 脚に付いている余分な胴体をはさみで切り落とします。
  • 脚と胴体部分をはさみで切り離します。
  • ポイント★脚の付け根の一番太い部分を切りましょう。)

  • 脚の関節を外し、人間で言うつま先部分を取り除きます。
  • 6の脚先を使って太い脚の方の身を押し出します。
  • すりこぎ棒で胴体部分を圧迫して中の身を押し出します。
  • ポイント★細かいところは箸などで掻き出すときれいに取れます。)

  • はさみの爪の付け根を両側からカットします。
  • 続いて縦に切り込みを入れます。
  • 爪が割れたら、爪の先端で爪肉を掻き出します。
  • 爪下も9〜11と同様の要領で肉を取り出します。
  • 甲羅をお皿にして、細かな蟹肉と味噌を乗せます。
  • その上に棒肉をピラミッド状に並べます。
  • 完成!

 

▼分かりやすい動画はコチラ

 

ズワイガニの盛り付け方〜豪華盛り編〜

  • 半分に切った胴体の、上部分をひっくり返してお皿に乗せ、下半分をその上にずらして重ねます。
  • その上に左脚の束と右脚の束を重ねて八の字になるように置きます。
  • 味噌がたっぷり乗った甲羅を中心にバランスよく乗せます。
  • 腕(爪)の部分をサイドに飾る。

ポイント★爪ははさみの部分を左右に広げて飾ると豪華な印象になります。)

 

▼分かりやすい動画はコチラ

タラバガニの美味しい食べ方5選!

タラバガニは蟹の王様と呼ばれるほど大きく、太い脚を持っています。
その身はきゅっと締まっており、
かぶりつけばぷりっとした歯触りの後、旨みた〜っぷりの蟹汁があふれます。

 

こちらでは、食べ応え十分なタラバガニを、一番おいしく食べる方法をご紹介します。
皆さんもお好みの調理方法を見つけて、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

タラバガニ鍋

 

カニ鍋

材料(4人前)
タラバガニ脚 10本程度(お好みで)
木綿豆腐 1丁
にんじん 1本
白菜 1/4個
白滝 1パック
えのき 1パック
椎茸 1パック

 

作り方

A. それぞれの材料を洗い、食べやすい大きさに切る。
B. 鍋に湯を沸かし、だしを取ったら沸騰させる。
C. 煮えにくい食材から入れ、完成!
★ポン酢やゴマダレなど、お好きな味付けで召し上がれ!

 

カニのだしがたっぷりと出ているので、最後の〆はご飯やうどんを入れて、カニ雑炊や蟹うどんにしてもとっても美味しい!
鍋の残り一滴まで飲み干したくなる風味豊かな一品。

 

タラバガニの天麩羅

 

カニ天麩羅

材料(4人前)
タラバガニ脚 10本程度(お好みで)

・薄力粉4/5カップ
・酒 大匙1
・卵 1個
・水 適量
揚げる用
・油 適量

 

作り方

A. カニ脚は関節部分の殻を残し身をむき身にする。
B. 鍋に油を熱し、カニに衣をつけていく。
(ポイント★衣は先に卵と水を混ぜ合わせ、後で薄力粉を混ぜる)
C. 高温の油でカラッと揚げて、完成!
★塩や天麩羅汁で召し上がれ!

 

揚げたてがやっぱり最高。
そとはサクサク、中のタラバはじゅわっとジューシーで歯ごたえぷりぷり。
塩だけで十分いける、噛めば噛むほど味わい深い天麩羅です。

 

焼きタラバガニ

 

焼きタラバ

 

材料(4人前)
タラバガニ脚 15本程度(お好みで)
レモン汁、スダチなど 適量

 

作り方

A. カニ脚を片側半分だけ殻を取り半剥きにする。
B. ホットプレートもしくはグリルで殻に黒い焦げ目がつくまで焼く。
C. レモン汁などをかけ、みをほぐしながら頂く。
★ホットプレートの場合はじっくり、グリルや網焼きの場合は強火でさっと仕上げると、旨みを逃さず美味しく食べることが出来ます。

 

シンプルisベスト。
カニ脚を豪快に焼いてアツアツのところをほおばりましょう。
ボリューミーな身と蟹本来の風味に満足すること間違いなし!

 

タラバガニのトマトクリームパスタ

 

トマトクリームパスタ

材料(4人前)
茹でたタラバガニの脚の身 4分の1
トマト缶またはホールトマトをカットしたもののどちらか1缶
パスタ お好みで(1人前60〜100g)
生クリーム 100cc
鷹の爪(唐辛子) 2本
適量の塩、オリーブオイル、にんにく3かけ

 

作り方

A.まずはフライパンにスライスしたにんにくと鷹の爪とオリーブオイルを入れ、弱火で温める。
B.ある程度火が通ったらにんにくと鷹の爪を取り出して、あらかじめ潰しておいたトマト缶の中身をフライパンに投入してから、中火で水分を飛ばしていく。
C.表面がふつふつしてきたら、タラバガニの身を入れ、生クリームと塩少々を加えて味を整える。
D.別の鍋で茹でているパスタをお好みの硬さで茹で上げたら、フライパンのソースと混ぜていく。
★ゆったりと大き目に煽るようにするといい感じに混ざります!
E.最後にお皿に盛り付けて完成!好みに応じてプチトマトを上に乗せてもいいかもしれません。

 

タラバガニのパスタは絶品です。
にんにくと鷹の爪が、タラバガニとパスタにこれまたよく合うんです。
簡単なのでぜひ試してみてください!

 

タラバガニのクリームソースパスタ

 

クリームパスタ

材料(2人前)
殻つきのタラバガニ 300g
パスタ 200g
生クリーム 1カップ
適量の塩と胡椒
オリーブオイル
パセリ
白ワイン 1/2カップ

 

作り方

A.別の鍋でパスタを茹でながら、フライパンにオリーブオイルを入れて温まってから、強火でタラバガニを炒める。
B.白ワインを加えてからアルコール分をしっかり飛ばす。
C.タラバガニに火が通ったら生クリームと混ぜ合わせ、茹であがったパスタとソースをしっかりと絡める。
D.塩と胡椒で味を整え、お皿に盛り付ける。
★最後にパセリを散らせば完成!

 

トマト味とは全く違ったおいしさ。
カニの他にも、エビやイカなど海鮮をたくさんいれてもいいかもしれません。
ポイントは塩コショウで味をしっかり決めることです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ズワイガニもタラバガニも食べ方次第でいろんな楽しみ方ができます。
さばくのは少し大変だなーという方は、殻が外してあるカニもありますので、試してみてください!

カニランキング画像